生命保険の基本型

生命保険が複雑で、わかりにくいと感じるのは、1つの商品がいろいろな基本種類や特約を組み合わせてできていたり、保障性と貯蓄性という2つの特性をもっていたり、そのうえ使われる用語がむずかしいからです。しかし、分類の仕方を工夫し、特徴を明らかにすることによって、より身近な存在になります。ここでは、いくつかの分類の仕方を紹介します。

(1 )死亡保険、生存保険、生死混合保険

生命保険の基本種類を、どのようなときに保険金が支払われるかで分類すると、「死亡保険J、「生存保険」、「生死混合保険」の3種類に集約されます。

1) 死亡保険「死亡保険」は、被保険者が死亡した場合にかぎって保険金が支払われるもので、保障を重視したタイプの保険です。ただし、死t保険においては、生存していても、両目を完全に失明したり、言語・そしゃく機能を永久に失った場合や、中枢神経系・精神などに著しい障害を被り、生涯にわたって常に介護を必要とする状態になった場合などの「高度障害Jについては、死亡と同様の取扱いになります。この死亡保険の種類にはいるのは、一定の保険期間のみ死亡保障を行う「定期保険」、保険期聞が一生涯にわたる「終身保険」や、終身保険に定期保険を上乗せした「定期保険特約付終身保険」があります。

2)生存保険

「生存保険」は、死亡保険とは反対に、契約してから一定期聞が満了するまで生きている場合にのみ保険金が支払われる保険です。なお、途中で死亡した場合には、掛捨てになるのではなく、払い込まれた保険料などを死亡給付金として支払う仕組みになっています。実際には、生存保険をベースにして、各種の死亡保障がつけられています。この生存保険には、「年金保険」、「貯蓄保険」、「こども保険」などがあり、目的が明確な資金の貯蓄に役立つタイプの保険です。

3 )生死混合保険

「生死混合保険」は、死亡保険と生存保険を組み合わせた保険です。被保険者が、保険期間の途中で死亡または高度障害になったときには死亡・高度障害保険金が支払われ、保険期間満了まで生存したときは満期保険金が支払われる仕組みになっています。この種類の典型的なものは「養老保険jで、死亡保険と生存保険を同じ

割合で組み合わせ、保険期間内に死亡した(あるいは高度障害となった)場合でも、満期まで無事生存した場合でも、同額の保険金が支払われます。また、養老保険に定期保険を上乗せしたものを「定期保険特約付養老保険」といい、満期保険金より死亡の場合の保障が大きくなっています。現在販売されている生命保険は、純粋な死亡保険を除き、ほとんどが「生死混合保険Jにはいるといえます。

続きを読む