保険相談を保険ショップでしてみる

実は、治療のために通常必要な一‐かかる医療費」と、患者の希望で選択したサービスなどの費用を含む「かける医療費」の混同はいたるところで見受けられます。ある会合で、別歳代の女性が周囲の友人たちに向かって、「入院するといかにお金がかかるか」という話を熱心にしていました。

彼女の母親が心臓の手術をすることになった折、母親は北海道の有名なお医者様に診てもらいたいと希望し、彼女は娘としてできるだけのことをしてあげたいと思ったそうです。治療自体は公的医療保険の範囲内(これを「保険診療」といいます)なのでさほど大きな出費ではありませんでしたが、北海道までの交通費やホテル代が大変だったと言うのです。

入院にかかるお金」とは、病気を治すための治療費という「かかるお金」ではなく、北海道の名医に診てもらうための「かける医療費」が大部分を占めていたのです。しかも、その治療効果については、はっきりしないままでした。

世間に流布される暖昧な医療費神話ではなく、医療費の実態を知った上で、「私の場合はどのような手段でどこまでの準備をするか」という方針を決めましょう。さもなければ、漠然とした不安はどこまでも漠然としたまま、山のように保険に加入してもちっとも安心できないという不幸な循環に陥ってしまいます。

いくつか病気ごとの医療費をご紹介しましたが、あくまでもこれらは公的医療保険から病院に支払われる総額です。患者が病院の窓口で支払う「自己負担金」は、とりあえずその3割ですし、しかも最終的な負担額ではありません。実は、1カ月あたりの自己負担金が所定の限度額を超えた部分は後日払い戻されます。これを「高額療養費制度」といい、その限度額は所得に応じて異なります。

ややこしい計算式が並んでいるように思えますが、意味していることは簡単です。自己負担金が一定額を超えると、超えた部分は3割ではなく1%の負担ですむということです。ただし、「高額療養費制度」で戻るのは、公的医療保険から支払われた医療費のみです。保険給付の対象とならない食費、差額ベッド料、高度先進医療などは含まれません。

「高額療養費」は非常に大切な制度にもかかわらず、ご存じない方が少なくありません。民間医療保険の広告でも、意識的かどうか分かりませんが、無視されていることが多いようです。その計算方法をもう一度、確認しておきましょう。所得区分が.般」に該当する方が、1カ月に100万円の医療費がかかったとします。

この場合、とりあえず病院の窓口で3割の自己負担金鋤万円を支払わなくてはなりません。しかし、型万1000円を超える部分は1%の自己負担であり、100万円から型万1000円を差し引いた汚万9000円の1%は7590円です。これに鯉万1000円の3割である7万2300円を足しますと7万9890円です。この金額が自己負担限度額ですから、窓口で支払った鋤万円のうち犯万110円は後日還付されます。

続きを読む

病気による出費に備えるには

医療保険選ぴは最後のステップ

病気やケガによる出費に対して歪女を持つ人は少なくありません。それに加え最近は、CMや広告を使った民間医療保険の販売攻勢が激化しているため、「医療保険に入らなくては」「もっと医療保障をつけなくては」と考える人が増えています。

「1日1万円の入院保障で安心」といった広告を見ると、「少なくとも1万円必要なんだ」と思いがちです。しかし、必要な医療保障は一律ではなく、加入する健康保険の属性によって異なります。そこで、自分に合った保障プランを立てるために、まずは社会保障である健康保険と勤務先の福割厚生制度を知ることから始めてみましょう。普段伺気なく使っている健康保険は、意外に頼れる制度です。

さらに組ム晶保の多くでは、公的保障に上乗せ給付を行っていることもあります。これらを知らずに民間医療保険に入ると、過剰な保障になるケlスが多く、無駄な保険料を支払つことになるのです。また、貯蓄も備えになることを認識しましょう。民間医療保険は、原則として「入院した場合の費用」をカバーするもので、通院で医療費の負担が大きくなった場合は、ほとんど役に立ちません。

抗ガン剤治療など通院での医療費がかさんだ受口、頼りになるのは毎月の収入や貯蓄なのです。そのためにも病気やケガによる経済的リスクは、貯蓄と医療保険の組み合わせで備えるのが一番。医療保険にどの程度頼るのかは、人によって異なります。

「自分の場合はどうなのか」といった答えをご自身で見つけられるよう、この章で順を追って解説していきますので、不安を解市するためにもリスクを具体化し、数字に置き換えてみましょう。この作業を行うことで、漠然とした不安を問題点に変えることができ対処法を見つけられるはずです。

入院するといくらかかる?あなたの入院費用を見積もろう

医療費の自己負担額はおおむね見当がつきましたね。では、入院した場合にかかる費用を見積もってみましょう(園口)。1カ月入院したとして医療費の自己負担額は一般の所得の人は8万100円+α 、上位所得者なら日万円+α ですね(健保組合から付加給付が受けられる人は、さらに金額が引き下がります)。これに入院時の食事代の自己負担分(1食260円・1日780円)を加えます。丸々1カ月なら、約2万4000円。

その他、、建妻、飲み物代、書籍・雑誌代、家族の交通費など雑費も発生します。人によっても、入院日数によっても金額は変わりますが、2万13万円とみておくといいでしょう。これらの合計は、一般的な所得の人なら1カ月約日万円前後、上位所得者は却万里別俵となります。付加給付が充実している健保組合加入者の受只仮に限度額が2万円なら7万円前後ですみます。

「1カ月入院しでかかった費用はお万円」といった保険会社のパンフレットを見かけます。明細を見ると、医療費の自己負担のほかに「家族の交通費・食費とその他の雑費で日万円」とあります。実際にそのくらいかかっている人もいるかもしれませんが、誇張された金額ではないかと思ってしまいます。

アンケート調査などに基づいた金額ではありませんから、あまり気にせず「自分の場合はどうなのか」を考えてみたほ、つがいいでしきっ。雑費を見積もる際には、「入院することで、発生しなくなるお金」と「通常かかるお金」を老議することを忘れずに卦量してください。外で働いている人なら、お昼代やこづかいを使わなくてすみますし、家族の食事代は入院せずとも本来かかるもの。

外食などですませる日もあるにせよ、家族が入院したとたん毎日外食とは考えにくいでしょう。「雑費の支出合計」から「入ってくるお金(お見舞金など)・通常にかかるお金(日常の食費)・入院によって発生しなくなるお金」を差し引いて、宝貧かかる費用を見積もるといいでしょう。この他の大きな出費は差額ベッド代です。

続きを読む