保険相談を保険ショップでしてみる

実は、治療のために通常必要な一‐かかる医療費」と、患者の希望で選択したサービスなどの費用を含む「かける医療費」の混同はいたるところで見受けられます。ある会合で、別歳代の女性が周囲の友人たちに向かって、「入院するといかにお金がかかるか」という話を熱心にしていました。

彼女の母親が心臓の手術をすることになった折、母親は北海道の有名なお医者様に診てもらいたいと希望し、彼女は娘としてできるだけのことをしてあげたいと思ったそうです。治療自体は公的医療保険の範囲内(これを「保険診療」といいます)なのでさほど大きな出費ではありませんでしたが、北海道までの交通費やホテル代が大変だったと言うのです。

入院にかかるお金」とは、病気を治すための治療費という「かかるお金」ではなく、北海道の名医に診てもらうための「かける医療費」が大部分を占めていたのです。しかも、その治療効果については、はっきりしないままでした。

世間に流布される暖昧な医療費神話ではなく、医療費の実態を知った上で、「私の場合はどのような手段でどこまでの準備をするか」という方針を決めましょう。さもなければ、漠然とした不安はどこまでも漠然としたまま、山のように保険に加入してもちっとも安心できないという不幸な循環に陥ってしまいます。

いくつか病気ごとの医療費をご紹介しましたが、あくまでもこれらは公的医療保険から病院に支払われる総額です。患者が病院の窓口で支払う「自己負担金」は、とりあえずその3割ですし、しかも最終的な負担額ではありません。実は、1カ月あたりの自己負担金が所定の限度額を超えた部分は後日払い戻されます。これを「高額療養費制度」といい、その限度額は所得に応じて異なります。

ややこしい計算式が並んでいるように思えますが、意味していることは簡単です。自己負担金が一定額を超えると、超えた部分は3割ではなく1%の負担ですむということです。ただし、「高額療養費制度」で戻るのは、公的医療保険から支払われた医療費のみです。保険給付の対象とならない食費、差額ベッド料、高度先進医療などは含まれません。

「高額療養費」は非常に大切な制度にもかかわらず、ご存じない方が少なくありません。民間医療保険の広告でも、意識的かどうか分かりませんが、無視されていることが多いようです。その計算方法をもう一度、確認しておきましょう。所得区分が.般」に該当する方が、1カ月に100万円の医療費がかかったとします。

この場合、とりあえず病院の窓口で3割の自己負担金鋤万円を支払わなくてはなりません。しかし、型万1000円を超える部分は1%の自己負担であり、100万円から型万1000円を差し引いた汚万9000円の1%は7590円です。これに鯉万1000円の3割である7万2300円を足しますと7万9890円です。この金額が自己負担限度額ですから、窓口で支払った鋤万円のうち犯万110円は後日還付されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です